商品を見る

ITEM

各種お問い合わせ

CUSTOMER SUPPORT

商品の質問・ご相談は
お気軽にお問い合わせください。

  • 0776-55-7722

    受付時間:9:00~12:00 / 13:00~16:00(土日祝日除く)

  • メールでのお問い合わせ

    お問い合わせフォーム

    メールでのお問い合わせは
    24時間受け付けております。

close

ヘルプ

HELP

キーワードで検索

絞り込み検索

価格

※価格は税抜き価格で検索されます。

close
  • リセット

CATEGORY CATEGORY
送料

送料一律560円5,500円(税込)以上で送料無料

送料

送料一律560円5,500円(税込)以上で送料無料

ブラジャーをきれいに収納したい!ブラの正しいたたみ方とおすすめの収納方法

毎日着用するものだからこそ、「ブラジャーを長持ちさせたい」と考える女性も多いでしょう。それなら、まずはブラジャーの収納から見直してみるといいかもしれません。

ここでは毎日使うブラジャーの収納にフォーカスしてみましょう。

【種類別】ブラジャーを長持ちさせるたたみ方

ブラジャーと言っても、近頃はナイトブラやカップ付きのキャミソールなど多くの商品が登場していますよね。その形状によって収納方法もきっと変わるはず。そこで、まずはブラジャーの形状別の収納方法から見てみましょう。

パッドあり・カップの形を崩したくないブラジャーのたたみ方

形崩れを防ぎたいブラジャーについては、ブラジャーの形状を保ったままの収納方法がおすすめです。柔らかい素材のものだと、変なシワが寄ってしまったり、そのまま変形してしまうことがあるからです。

手順(1)

ブラジャー裏面

ブラジャーは折らずに裏返し、カップのなかにストラップを入れます。

手順(2)

ブラジャー表

アンダーが長いようならそのまま端を少し折りたたみ完成です。

カップなし・形崩れの心配がないブラジャーのたたみ方

カップのないナイトブラや形崩れの心配がいらないブラジャーの場合は、さらにコンパクトにたたむことができます。

たてに四つ折りや、二つ折りにして、形崩れさせたくないブラジャーの隙間にフィットする形で収納できれば、省スペースで済みます。

ブラジャーを美しく収納する方法

ブラジャー収納方法

ブラジャーの収納方法を紹介します。それぞれの収納方法の特徴とそのメリットをそれぞれ紹介するので必見です!

基本は立てて収納

ブラジャーは繊細なディテールのものも多く、形崩れをさせないためには、無理な力がかからないように収納するのがベストです。そのため、基本は立てて収納することがおすすめ。

平置きにして裏返したブラジャーのカップのなかに、ストラップやカップ幅からはみ出したアンダーベルトを折り返して収納しますよね。このとき、タンスに平置きにせず、カップの底をタンス面に触れるようにして立てて収納しましょう。

そうすると限られた収納スペースでも多くのブラジャーをきれいに収納できます。また、取り出す際もスムーズに取り出せて便利。お気に入りのカラーをすぐ見つけることができるので、ぜひ試してみてください。

仕切りのあるケースに収納

ブラジャー自体が、丸みがある構造となっているので、その特徴がゆえに収納スペースでも動いてしまうことが考えられます。もともと整理整頓が得意ではない女性には、不安定なブラジャーの収納をきれいに継続することがストレスに感じることもあるはず。

その場合は仕切りのあるケースを利用できるといいですね。ブラジャーのために販売されている収納ケースにしまえば、難しいテクニックは要らずに収納できます。

今あるタンスをそのまま使用したい女性でも、その引き出しにあわせてハサミで簡単にカットできる区切り板も販売されているので、ぜひ活用してみてください。

吊るすタイプのケース に収納

ブラジャー収納方法

ストールやベルトなど、ごちゃごちゃしてしまうファッションアイテムをしまうために、さまざまな便利グッズが販売されています。ブラジャーにも同じようなものが販売されていて、ハンガーにファイルのようなポケットがついている収納袋が販売されています。

これならクローゼットに吊るすことができ、引き出しをあけて取り出す手間を大きく減らすことができます。

また、ブラジャーのデザインが一目瞭然なので選びやすくなります。ただし扉などがついていない場所で吊るすことには、プライバシーの観点から気後れすることもあるかもしれません。

ブラジャーのNGな収納

ブラジャー収納のNG方法

ブラジャーの正しい収納を理解できたところで、絶対にやらない方がいいNGな収納方法もお伝えします。

乾いていない

乾いていないうちにブラジャーを収納することは控えましょう。カビや生乾きの臭いの原因に繋がります。風通しのよい日陰、もしくは室内できちんと乾き切ってから収納するようにしたいですね。

ぎゅうぎゅうに詰め込む

ブラジャーの収納には、余裕をもったスペースが必要です。限られた収納スペースにできるだけ多くのブラジャーを収納したいのは理解できますが、ぎゅうぎゅうに押し込むのは控えましょう。詰め込むとカップやワイヤーの歪みの原因になります。

ハンガーにかける

ハンガーにかけて収納をしている女性もいますが、これは推奨できない収納方法です。なぜならストラップがブラジャーの重さで伸びてしまうことが考えられるから。

ハンガーからずり落ちて、そのまま床に落ちることも考えられます。ブラジャーは繊細なものですから、大切に収納するためにもハンガーにかけることは控えましょう。

【まとめ】ブラジャーをきれいにたたんで美しく収納すると選ぶ時間も楽しくなる

鏡と女性

ブラジャーをきれいにたたんで収納方法を工夫することで、長持ちに貢献するだけでなくブラジャーを選ぶ時間も楽しくなるでしょう。

毎日着用するものだからこそ、お気に入りのブラジャーや機能性豊かなブラジャーをできるだけ長持ちさせたいものです。

ブラジャーのたたみ方に迷わないような知識や簡単に収納できる便利グッズも揃えて、毎日の生活で楽に育乳を考えられるといいですね。

グラモアブラ

 

キスするブラ

 

ヌーディブラ

 

followus
instagram
  • twitter
  • facebook