商品を見る

ITEM

各種お問い合わせ

CUSTOMER SUPPORT

商品の質問・ご相談は
お気軽にお問い合わせください。

  • 0776-55-7722

    受付時間:9:00~17:30(土日祝日除く)

  • メールでのお問い合わせ

    お問い合わせフォーム

    メールでのお問い合わせは
    24時間受け付けております。

close

キーワードで検索

絞り込み検索

価格

※価格は税抜き価格で検索されます。

close
  • リセット

CATEGORY CATEGORY
送料

送料一律560円3,980円(税込)以上で送料無料

送料

送料一律560円3,980円(税込)以上で送料無料

ブラトップはバストが垂れる原因になる?美しい形を保つおすすめブラトップの選び方

ブラトップはワイヤーの締め付けがなく楽に過ごせるので、普段からよく着ているという方も多いかと思います。

しかしブラトップは、ブラジャーと比較するとホールド力が弱いため「バストが垂れてしまうのでは?」と心配している女性もいるのではないでしょうか。

今回はブラトップの特徴やメリット・デメリット、バストが垂れにくいブラトップの選び方について解説します。

ブラトップを着けるとバストが垂れるって本当?

室内でゆっくりしたい休日は、ブラトップ1枚で過ごす女性もいるかもしれません。しかし、ブラジャーと違ってバストを持ち上げたり寄せたりすることがないブラトップは、バストの形に影響があるのか気になりますよね。

実は、ブラトップを日常的に着け続けることはバストが垂れる要因になり得ます。なぜブラトップが垂れ乳に影響を与えるのか解説していきます。

ブラトップの特徴とは

そもそもブラトップとは、キャミソールやタンクトップにバストを支えるカップもしくはパッドが付いているインナーのことを指します。ブランドによってはカップ付きインナーとして販売されているものもありますね。

ブラトップはノンワイヤーのものが多く、一般的なブラジャーと比べて締め付け感が弱いということが挙げられます。基本的な構造は、バストにあたる部分にノンワイヤーのカップが組み込まれていて、カップのアンダーバストの部分に平ゴムなどを縫い付けることで胸を支える仕組みです。

これではブラジャーよりもバストを支える力が弱いので、日常的にブラトップを着用し続けるとバストが垂れる原因になる可能性があるのです。

バストが垂れる原因

ブラトップを着けていると何故バストが垂れてしまうのか、その仕組みをきちんと理解しておきましょう。

バストの構造

バストは主に乳腺と脂肪、それらを支えるクーパー靭帯などからできています。そして、バストをしっかりホールドせずに激しい運動を続けた場合、クーパー靭帯が伸びたり切れたりすると言われています。そうしてバスト全体が垂れてしまうのです。

ブラトップの機能性では、このクーパー靭帯をしっかりと支える力が弱いのでバストが垂れてしまう可能性があります。

ホルモンバランスの変化

ホルモンバランスの変化もバストが下垂してしまう大きな原因の一つです。バストを構成する組織の一つに乳腺があるのですが、これはエストロゲンという女性ホルモンの影響を受けて発達しています。

エストロゲンの分泌量は加齢に伴い少しずつ減少していくので、それと比例して乳腺も徐々に萎縮します。するとバストの大部分を脂肪が占めることになります。脂肪の割合が増えた柔らかいバストは、重力や揺れによる影響を受けやすく、徐々に垂れ下がってしまうのです。

ブラトップではホールド力が弱いので、バストケアのためには補整効果の高い育乳ブラジャーが最適です。

ブラトップを着用するメリット・デメリット

ブラトップを着け続けるとバストが垂れるかもしれないとなれば、「もうブラトップは着けない!」と考える女性がいてもおかしくありません。

しかし、ブラトップに需要があるのも事実です。ブラジャーとブラトップの使い分けで快適に過ごせるようになる、ブラトップのメリットとデメリットを紹介します。

ブラトップのメリット

ブラトップのメリットとしては、ブラジャーと比較して締め付け感が少ないということが挙げられます。ブラトップはワイヤーやホックが無いものがほとんどで、着けていても解放感を感じるでしょう。

ゆっくり過ごしたい日には、ブラトップのストレスフリーな着心地が最適です。

ブラトップは、ブラジャーとインナーが合わさっている商品なので、1つで2つの役割を果たしていると言えます。また、装飾の多いブラジャーは高くつくイメージがありますが、シンプルなデザインのブラトップはコスパが良いという印象もあるでしょう。

キャミソールやタンクトップとしてそのまま着られるので、魅せるインナーとしても重宝します。

ブラトップのデメリット

ブラトップにはブラジャーのように、バストをしっかりとホールドするような力がありません。激しい運動をする際には、ブラトップは適していません。

ブラトップを常用していると、胸の脂肪が背中や脇に流れてしまうこともあります。なるべく綺麗な形のバストをキープしたいと考えている方は、長時間ブラトップを着用し続けることは避けたほうが無難です。

また、ブラトップのサイズが自分のバストサイズに合わないことがあります。洋服のサイズ展開のように「S・M・L」しかサイズが用意されていないケースも多いでしょう。

バストが垂れるのを防ぐブラトップの選び方

バストを支える力が弱いブラトップを着け続けることで、バストが垂れてしまう可能性があると説明しました。

しかし、バストが垂れにくいブラトップを選ぶポイントがあります。今回は、3つのポイントをみていきましょう。

サイズが豊富にある

バストが垂れにくいブラトップを探しているのなら、まずはサイズが豊富にあるものを選ぶといいでしょう。さらに、サイズが細かく設定されていると自分のバストサイズに合いやすくなります。

1つのサイズの許容範囲が広い商品は、それだけゆとりを持たせた設計になっています。同じサイズでも幅広いバストサイズが当てはまるので、自胸にフィットしていないと感じるかもしれません。

自分のバストサイズにぴったりのブラトップを選ぶことで、バストをしっかり包み込み、バストの揺れが軽減されるはずです。

通販で購入する場合は、フィッティングで納得のいく商品を選べないことがあります。そのため定期的にバストサイズを測って、自分のサイズを把握しておくことが大切です。さらに、通販サイトによってはサイズ交換が可能なこともあるのでサービスをチェックしてみてください。

バストトップの高さを保てる

ブラトップを選ぶ際には、バストトップの高さを保てるものを選ぶことが重要です。

着用時にバストトップを高い位置で支えられるブラトップは、バストの重みや揺れといった外部刺激からクーパー靭帯を守ることができます。その結果、バストの形を綺麗に保つことができるのです。

さらに肩紐の長さを調整できる商品であれば、カップをバストのラインにきっちり合わせることも可能です。タンクトップタイプなどで肩紐の調整ができない場合は、アンダーがずれない作りであるといいでしょう。

締め付けがきつくない

ブラトップはワイヤーの当たりが少ないのが特徴の一つです。しかし、ブラトップの中には、バストのアンダー部分にあるゴムが強すぎたりアンダーサイズに合わなかったりすると、圧迫感を感じるものもあります。

ブラトップを着用したときに、きつさや圧迫感があるようなら、一度アンダーのゴムを確認してみてください。体にゴムの跡が残ったり汗で蒸れたりしている場合は、サイズが合っていないことが考えられます。肌トラブルの原因にも繋がるので、サイズ変更を検討してみてください。

【まとめ】リラックスシーンにはバストが垂れにくいブラトップを選んでみよう

ブラトップは締め付け感が少なく、1枚でブラジャーとインナーの役割を備えているので、楽に着用することができます。

ただし、ブラジャーのバストをホールドする力と比べると、ブラトップは頼りなく感じてしまう女性もいるでしょう。バストが垂れることを防ぐのであれば、ブラジャーとブラトップの使い分けが重要です。

バストが垂れにくいブラトップの選び方で、お気に入りのブラトップを選んでみてください。ゆったりとリラックスしたいときには、快適に過ごせるブラトップがおすすめです。

glamore femtechナイトブラトップ
美乳deナイトブラトップ
YOGA by glamoreライトスポーツブラトップ

followus
instagram
  • twitter
  • facebook