商品を見る

ITEM

各種お問い合わせ

CUSTOMER SUPPORT

商品の質問・ご相談は
お気軽にお問い合わせください。

  • 0776-55-7722

    受付時間:9:00~17:30(土日祝日除く)

  • メールでのお問い合わせ

    お問い合わせフォーム

    メールでのお問い合わせは
    24時間受け付けております。

close

キーワードで検索

絞り込み検索

価格

※価格は税抜き価格で検索されます。

close
  • リセット

CATEGORY CATEGORY
送料

送料一律560円3,980円(税込)以上で送料無料

送料

送料一律560円3,980円(税込)以上で送料無料

育乳ブラに効果はあるの?理想のバストを叶えるために効果を高める方法を紹介

魅力的な女性らしいメリハリのあるボディに、バストは欠かすことができないパーツです。

ウエストのくびれを際立たせるためにも「もっと綺麗なバストを手に入れたい」と思う女性は多いでしょう。

理想のバストは丸みを帯びていて、高いバストトップ位置を保つ状態。しかし、自分のバストをみて「そんな理想のバストまでは程遠い」と悲しくなることもあるかもしれません。

しかし、育乳の正しい知識をもてば、理想のバストを手に入れるのも夢ではないのです。今回は育乳ブラの効果とその効果を高めるための方法を紹介します。

育乳ブラで目指す「理想のバスト」

女性は男性と違い、多くのライフステージがあります。妊娠・出産ができるのも女性です。しかし、裏を返せば男性よりライフステージによる変化を受けやすく、自分のボディラインへの悩みも尽きないとも捉えることができるでしょう。

女性の話を聞いていると「妊娠してからバストが垂れた」「バストの形が崩れたので育乳を考えている」と言った会話によく遭遇します。では、女性たちが思う「理想のバスト」とはどのようなものなのでしょうか?

育乳のゴール!?理想のバストとは

理想のバストとは、ズバリ「鎖骨の中心点とバストトップを結んだ線が正三角形」であることです。

二の腕の中心の高さにバストトップがあるのが理想とされています。鎖骨の中心とバストトップを結んだ正三角形は、人によっては二等辺三角形になることも多くあります。

底辺が長い三角形だと、両方のバストが離れている状態にあり「離れ乳」と判断されます。想定されるバスト、実際のバストより小さくみられる可能性があるでしょう。

また鎖骨の点を頂点とした場合、底辺までを結んだ辺の長さが長いとバストが下垂しているように見え、実年齢より老けて見えることも。

理想のバストとは、鎖骨の中心点とバストトップを結んだ線が正三角形であることはもちろんのこと、さらに鎖骨の下あたりから丸みを帯びた適度な丘陵があることも含まれるでしょう。

なぜ理想のバストが手に入らない女性が多いのか?

加齢や妊娠や出産で筋肉が衰えてしまったり、ストレスを筆頭とするなんらかの原因で女性ホルモンの分泌が阻止されてしまうと、バストの形が崩れてしまいます。

バストには、その脂肪を支える骨がないので、重力に対してめっぽう弱いという特性があります。だからこそバストの保護のひとつとしてブラジャーが必要になるのですが、実際はそのブラジャーも間違ったサイズや着け方をしている女性が多いとされています。

育乳ブラの効果とは?

誰しもが理想のバストを手に入れたく「育乳ブラ」を考えます。しかし、育乳ブラで改善できることや効果を把握していなければ、自分にふさわしい育乳ブラを選ぶことも困難なことでしょう。

ここでは、育乳ブラの効果についていま一度、おさらいしてみます。

育乳ブラは体にどんな効果がある?

育乳ブラは、サイドに通常より長いサイドボーンが入っているのが一般的な特長です。これにより、バストにあるべき脂肪を脇や背中に動かさないようホールドする力があります。

適度な締め付けは、姿勢の保持にも役立ち、バストが綺麗に見える姿勢をキープします。さらに重力を受けやすいバストを肩ひものストラップで、きちんと支える役割があります。

離れ乳タイプの女性は、育乳ブラを着用することによってバストを中央に寄せる役割も期待できます。育乳ブラの効果としては、離れ乳の人であるほどバストで膨張していた上半身が全体的に引き締まって、スタイルアップして見せることが可能になります。

育乳ブラの効果はこんな特長がある!

ひとくちに「育乳ブラ」と言っても、多くの種類があります。ナイト用からリラックス時に使用できる締め付けが少ないブラジャーもあり、育乳ブラは自分のライフスタイルによって使い分けることが可能です。

「寝るときに締め付けられるのが嫌」と言った女性は、ナイトブラを使用することによって寝返りなどでバストが流れることを防ぎ、寝姿勢での重力からバストをサポートすることができるでしょう。

また、リラックスしたいときに通気性のよい、シームレスの育乳ブラを着用すれば家でリラックスしながらもバストを補正することが叶うのです。「ブラジャーは外出時だけ」と思っていた人でも、育乳ブラの高い性質を知ればいつでもどこでも育乳した状態を保てるでしょう。

育乳ブラの効果を高めるためのポイント

せっかく育乳ブラを着用するのですから、できるだけ効果を高めたいですよね。より早く理想のバストを手に入れるためにできることを考えてみましょう。

育乳ブラの正しい着け方が重要

バストのふくらみとボディの境目にバストの円隔があります。バストの円隔は、ブラを着けたときにちょうどワイヤーがあたる部分のカーブラインを指します。

一般的にみぞおちとして知られている部分よりもバストの円隔が低く、バストのふくらみの直下の部分がみぞおちの位置より下にくるとバストが下垂しているように見え、老けたボディラインに見えてしまいます。

育乳ブラを着けるときはバストの位置が低くならないよう、着ける位置に注意しましょう。

育乳ブラの着け方

前かがみになり、ブラジャーのカップをバストの円隔にそうように合わせ、その姿勢のまま後ろのホックを留めます。

背中や脇に流れている脂肪も自分の手を使って丸みを帯びるようにカップに入れ込みます。上体を起こし、バストの中心下のお肉も手でカップの中に入れるように整えます。

姿勢を正しストラップの長さを調整すると、ふくよかな理想のバストが表れるでしょう。

着け方の詳細はこちら

育乳ブラの正しいサイズとは

育乳ブラの正しいサイズを知っている女性は少ないもの。せっかくの育乳も間違ったサイズであれば、その補正は意味のないものになってしまいます。では、育乳を叶える正しいブラジャーのサイズはどうやって導き出すのでしょうか。

バストトップをつぶさないようにメジャーを一周させます。自分のバストの一番高いところ計測しましょう。

続いて、アンダーバストを計測します。鏡を見ながらずれないように脇でメジャーをはさみ込みながら、みぞおちあたりを計測しましょう。

バストトップと計測したアンダーバストの差を出すと自分の正しいブラジャーのサイズを知ることができます。

測り方の詳細はこちら

育乳ブラの選び方

育乳ブラを選ぶ際は、自分にあったブラジャーを着用することが大前提です。

しかし、このブラジャーサイズは体重の増減や、女性ならではの月経サイクルによっても変化します。そのため毎月、少なくとも3ヶ月に1度はブラジャーのサイズを計測することがおすすめです。

この他にも、ブラジャーのメーカーやその育乳ブラのデザイン、構造によっても自分にフィットするブラジャーは異なります。カップの面積によっても、バストのホールド感に違いがあるでしょう。購入後のギャップを避けるためにもフィッティングは欠かせません。

近頃は通販の女性用アンダーウェアサイトでもお試しで購入し、フィッティングできるところが増えています。このようなサービスを利用し、自分のバストにフィットしているかをチェックするのも、育乳の効果を高めるに違いありません。

選び方の詳細はこちら

育乳ブラの効果を実感するライフスタイルへ

育乳ブラの効果は一日、一夜からなるものではありません。毎日の継続したケアが必要なのです。分かっていても、そのケアは毎日となれば負担となることも多いでしょう。

育乳の効果をあげるには、自分にあった過ごしやすいデザイン、生地感、機能性のブラジャーであることが大前提です。まずは自分の適正なサイズ感を知り、その上で「過ごしやすい」と思える育乳ブラに巡り逢えるといいですね。

「今日はデートだからワンピース」「明日はビジネスライクなファッションで」女性は日頃から身に着けるものを気分やシチュエーションで選ぶ楽しみもあるでしょう。理想のバストに整え育乳を叶えてくれるブラジャーも、その日の気分や過ごし方によって楽しく選んでみてください。

グラモアブラ

キスするブラ

ブラジャー特集
followus
instagram
  • twitter
  • facebook